2022/12/26

見えていなかった部分が見えるようになるテスト管理ツール
「CrossQualia」を2023 年 1 月より提供開始

初回導入期間、無料キャンペーンを実施

株式会社クロスゲームズ(本社︓東京都渋谷区、代表︓亀谷 泰)は、2023 年 1 月より、品質保証での業務効率化と品質向上を目的としたテスト管理ツール『CrossQualia(クロスクオリア)』を提供開始します。
これにより進捗確認や業務効率化のために必要なデータを一覧表示する「ダッシュボード」、「テストケース管理機能」「BTS」「通知機能」などの連携により、いままで分析が難しかったデータの取得とスムーズなテスト実施を実現します。

【URL】https://cross-games.jp/crossqualia/

進捗・不具合を可視化して管理することで進捗率が一目瞭然に

これまでの品質保証でのテストは、検証した際の進捗を手動で入力して分析する必要がありましたが、テスト管理者の皆さんの声を元に開発を開始、今回のローンチに至りました。
「CrossQualia」では「テストケース管理機能」「BTS」「スケジュール」を一元管理することで、不具合があった場合の即時チケット発行、テスト項目の消化、スケジュールの進捗が一目瞭然になります。テスト項目数と進捗率は各画面でグラフ化され、日々のペ ース管理もしやすく、問題箇所の把握も容易になります。もちろん、テストが終わった項目を後から利用することができ、施策毎の管理や比較分析を行うテスト設計者の皆さまにも、使っていただけるテスト管理ツールです。

通知機能も充実し、障害が発生すれば内部コメント機能で報告

「テストケース」「不具合報告」を一元管理することで通知も管理することでき、検証する際に障害になった項目対して「データが違う」「検証が行えない」「仕様書と違う」など、テスト管理者やテスト設計者への報告がツール内で可能です。
また、各機能が内蔵されていることで対象となるテストケースや不具合チケットに紐付ける形でコミュニケーションとデータの蓄積ができます。これによりコミュニケーションがテスト管理ツール内だけで済み、他ツールとの往来を減らし、業務の効率化が可能です。

一元管理することで表示されるダッシュボードで確認が容易に

管理ツール内の項目数・不合格数・チケット数は、ダッシュボードで表示されます。ダッシュボードで数値をみることで次の施策に活用でき、テスト設計の改善、スケジュールの調整が容易になります。また Ver2.0 以降では、検証結果に基づいたテスターの能力を「テスターパフォーマンス」として、定量的に表示し、テスト項目に対して適切なテスターを割り当てる指標がみえてきます。
<テスターパフォーマンス>
1項目当たりの検証時間、修正確認時間をとり、仕様質問、バグ報告数、不合格数の割合でテスターの能力、検証力を定量的に表示されます。

※テストケースについての質問やバグ報告数が多い場合、テスターの能力だけでなく、テスト設計者や開発者側の問題発見にもつなげることが可能です。

CrossQualia の今後の展望

コスト削減と品質向上を両立するため、CrossQualia の特徴である「ダッシュボード」でテストに関するデータをわかりやすく表示する部分は更に充実させ、業務分析をサポートする機能や業務改善に繋がる機能の追加を計画しています。
今後もテスト管理を起点とした様々な業務の自動化、効率化に取り組むことにより、テスト管理者やテスターの皆さまの生産性や働き方の向上をサポートしてまいります。

株式会社クロスゲームズについて

「人とゲームを繋ぐ」をミッションとして掲げ、ゲーム開発から QA での品質保証を提供しています。

【会社概要】
社名︓株式会社クロスゲームズ
本社所在地︓150-0071 東京都渋谷区本町 4-12-7 泉西新宿ビル 1 階
代表取締役︓亀谷 泰
設立︓2006 年 3 月
事業内容︓オンラインゲームの企画・開発・運営
HP︓https://cross-games.jp/

CrossQualia について

テスト管理ツール『CrossQualia』は、「テストケース」と「BTS」を一元管理することで進捗・スケジュール管理からテスト検証、不具合報告まで、面倒な進捗管理と業務改善のためのデータを可視化するツールです。
単なる進捗管理だけでなく前後の業務も含むビジネス全体の効率化・見える化をはかり、テスト管理者に寄り添った品質保証の実現を目指してまいります。